Flashカレンダー


プロフィール

ぜぜまん

Author:ぜぜまん
りさガスママ・59歳
りさ・ビーグル 11歳
ガス・トイプードル 5歳 
夫・59歳

毎日をハッピーに過ごすために
模索中
盲導犬育成サポート きなこの会
ボランティアスタッフとしても
頑張ってます


  


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

りさガスシャンプーへ

2017.9.28
あっという間に夏が終わりもう秋も通りすぎた?
朝晩ストーブをつける日も珍しくなくなりましたね。

この表現、私が子供の頃はたしか「ストーブを焚く」で
この頃は「ストーブをつける」でしょうか。
昔はどの家もストーブは石炭でした。石炭は「焚く」、
今は灯油・電気・ガスなのでやっぱり「焚く」ではなく
「つける・入れる」
調べてみると石炭・ガス・灯油のように火が燃えるものは
「焚く・焚き付ける」と表現するのだそう。
スイッチを入れるものが「つける」のだそう。

最近はエアコンを暖房とすること(関東から南はそうらしい)
が多いそうで確かに「いれる」。
どっちでも良いのだけれど石炭ストーブの暖かいことったら❗
冬は家族みんながストーブの回りを囲んでた。
だってストーブを離れたら寒いから。
そこで家族の会話が生まれ今日あったことや
楽しかったこと、色々話した。
母は朝一番に起きて直ぐにストーブの夜中に燃えた
石炭の灰を捨て石炭に火をつけてから朝ごはんの支度。
デレッキとかジューノとか知ってる?
40代の人は分からないでしょう。もう死語ですね。

今は家のどこでも暖かいから、それぞれがてんで
バラバラなのでしょうか。
ご飯もバラバラだしね。
家族のコミュニケーションはストーブで保たれて
いたってことか。

猫も犬もストーブのそばにいたわ、確かに(笑)。
火って暖かいものね。



それはそうと今日はりさがスのトリミングの日。

いつも春光台にある「DOGWAN」さんで。
いつもはワンコを預けて直ぐに「じゃあね👋」
って帰るのだけれど今日はしばらくお話ししていたら
りさのシャンプーが始まりました。







あら、可愛い❤





お耳はこういう風に洗うんだ❗
りさこは手や足をいじられたりタオルドライされるのが
嫌いでおうちではシャンプー出来ません。
本人には内緒ですが「咬むんです」キャー😆
アブナイ、アブナイ😵
なのでガスちんのトリミングのお付き合いで
シャンプーなのではないのです。
全くお金のかかる🐶だ❗

でもフカフカ、良い香りのわんこになって帰ってくるのです。


りさこの写真を見てガスちん担当のトリマーさんが
写真を送ってくださいました。







ガスちんと同じ黒いトイプーが10匹いたとする。
「どれだ〰?」って言われると絶対どれがガスちんかは
わからないと思います。





出来上がり〰🙆
次の予約を済ませて帰ります。
どちらのトリマーさんもとっても優しく我が家の🐶も
お気に入りです。
ありがとうございました🎵





スポンサーサイト

いのち

2017.9.1
牧場のボランティアスタッフには愛犬をあにまある等で保護されたわんこを
引き取って家族にした方が多くいます。

きなこの会のチャリティーライブでも「あにまある支援隊」さんがブースを設け里親紹介やグッズ販売、保護犬、
保護猫についての情報提供や啓蒙活動を行っています。

この度牧場のボランティアスタッフから「あにまある」で
犬猫の保護件数が爆発的に多くなりパンク状態であるとの事。 


旭川市「あにまある」


「あにまある支援隊」


人と犬猫のいのちってどう違うんだろう?
違いなんかあるわけないよね。



あにまあるで保護される犬猫のほとんどがいろんな
事情で保護された子で迷い子はホンの少しであると
いう現実。

あにまあるに保護されても引き取られない場合は
「殺処分」という悲しい結果になる場合も。


里親で引き取られても戻ってくるケースもあるとのこと。


「可愛い」「可哀想」だけではいのちは守れない。


残念ながら我が家は2匹の飼育で精一杯で
これ以上のわんこを飼うことはできません。

こうして自分のブログで呼び掛けることで
一匹でも多くの犬猫が幸せに暮らせることに
繋がるように願うばかりです。


一匹でも悲しい事実を増やさないために
私が考えたこと。


旭川市は旭山動物園を通していのちの大切さを伝えて
いるのですから自治体独自の動物保護に対する
条例があってもいいと思うのです。


犬猫を飼育する場合は年(例えば)5000円の課税をする。
つまり「犬猫を飼うのなら税金がかかりますよ」
ということ。
「飼う責任と義務」が社会的に発生するわけです。
得た税金は動物に関する保護、育成に使う。


繁殖を希望する場合は市への登録を必要とする事。
また、繁殖しない場合は2才迄に不妊・去勢手術をし、
狂犬病予防接種の際、獣医師はそれをチェックする。


旭川市内で犬猫を販売・繁殖する業者に対し何らかの
決まり事を課す事。
例えば繁殖犬の登録、5回以上の出産を許可しない。
繁殖を申請しないと仔犬は販売できない。
すべての犬猫に対しマイクロチップの埋め込みを義務付ける。


自治体で行う事、
国の制度として法律があってもいいのではと思う
事もありますが
もっと厳しくしないと小さないのちは守れません。

いろんな事で世界の先端を歩む日本でありながら
こんな小さないのちも守れないなんて。

動物虐待に対しては「目には目」という法律が
あってもいいのでは…なんて過激な発想も思う
ことがあります。





私も我が家のわんこからたくさんのパワーをもらっています。


シアワセわんこ、にゃんこは一匹でも多く、
悲しいわんこ、にゃんこは一匹でもなくなるように。


さて、これをどう現実になるように行動するか。
私も何かしなきゃね。





 | ホーム |  page top