FC2ブログ

Flashカレンダー


プロフィール

ぜぜまん

Author:ぜぜまん
りさガスママ・61歳
りさ・ビーグル 12歳
ガス・トイプードル 6歳 
夫・61歳

毎日をハッピーに過ごすために
模索中

盲導犬育成サポート きなこの会
ボランティアスタッフとしても
頑張ってます


  


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

両親の居場所

2019.9.18
もう9月も18日‼️
ジカンの経つのってなんて早いんでしょう❗
後3月もすればお正月⁉️

先月末の事ですが両親のお骨を市営の共同墓に納骨
してきました。

元々分家だった父は母が亡くなったとき後々仏壇の
管理も考えて私達の宗派に改宗し葬儀をあげました。
納骨堂の購入を考えていたのですが我が家は
受け継ぐ子もなくとりあえず夫の両親の入ってる
納骨堂に居候していました。
父は母を思いさぞ居心地が悪かろうと気にして
いたのですが平成30年の秋に市営の共同墓が出来る
事がわかりいずれそこに移すことを望んでいました。
昨年春父も母の元に旅立ち先日納骨してきたのです。

市へ納骨に必要な書類の手続きをするとお骨を入れる
紙の袋と布の袋が送られてきます。
紙の袋にお骨をいれてから布の袋へ。





お寺から引き上げてきたお骨を袋に入れ準備している
最中もガスは興味津々。
「ジイジバアバだよ〰️☺️」





両親のお骨は紐を二つ離れないように結びました。
セレモニー的なものはなく持っていったお供えを
置いてお参りした後担当の方の指示により
お骨を置いてある台を持ち上げるとスロープを伝って中へ。
最後に「ズドーン」という音が聞こえました。





共同墓は母の生まれ育った地区の近くにあります。
近くには旭山動物園、遠くには大雪山連峰、十勝岳連峰
を望む静かな環境にあります。

両親の納骨を終え、いずれ夫の両親、
そして私達夫婦もここに入ることを決めました。

今お墓や納骨堂を引き継ぐものがいず共同墓の
必要性が重視され、旭川市の共同墓も昨年秋開設から
すでに1000体を越える納骨があるそうです。
民間の永代供養墓は費用もかなりかかるところから
父はここに決めました。

最後の父の思いをようやく成し遂げほっとしています。
納骨を終え、帰る道中夫と「今頃父は新しい居場所に
いる人へよろしくお願いいたしますと、挨拶しているね〰️」と話していました(笑)。
きっと今日はご挨拶で忙しいだろうと。


次のお彼岸はここにお参りだね✨
また会いに行くね〰️🙆










スポンサーサイト



検診

2018.10.6
今年8月。
夫の職場に年1回行われる健康診断の結果を聞きに
来るようにと病院から連絡がありました。
それってどう言うこと❓
いつもは指定された日に結果を聞きに行っていたのに
今回は病院からの連絡だったので「こりゃ何か悪いもの⁉️」

ちょうど私も休みだったので一緒に結果を聞きに行きました。

診断は「初期胃ガン」。
夫の父・叔父が胃ガン、叔母二人が大腸ガンの家系です。
なので胃カメラは毎年受けていました。
ハレェ〰🙇ヤッパリ😢

夫は以外と冷静に受け止めていました。
「Kさんも言っていただろう、なるようにしか
ならないんだから」。
私の親友のKさんは2年半前、胆嚢がんで60才で亡くなり
ました。生前Kさんはどんどん病状が進んでいく自分を
冷静に見つめていました。
「じたばたしても仕方ない」そんな思いだったのでしょうか。
夫はKさんが話していた言葉を思い出していたのです。

主治医からは食道と胃の接合部にできたがんで
エコーで充分浸潤度がつかめない。
先ずは内視鏡下で切除し、組織やリンパを生検に出して
結果次第で改めて開腹手術が必要か検討する、と説明を受けました。

そして入院。
旭川医大は入院治療する患者さんが多く、ベット待ちの
待機時間も結構長かったのですがその間夫は普通の
生活をしてた。
「今となっては食べたいものを食べておく」(笑)。
食べるの大好き人間ですから😅
毎週土曜日の行きつけの居酒屋にも。

そして手術当日。
「お腹すいた」を何度も話し、いつからごはん食べられる
のか、それだけを心配していました。
術後1週間で退院、まだお粥迄だったので退院後も
夫婦でお粥を食べていたのですがこれが以外とウケ、
今も朝はご飯、夕はお粥の食事を続けています。





お粥には色んな食材を入れ楽しんでいます。

先日、組織検査の結果が。
「上皮内がん」内視鏡で全て切除し転移なく完治。
年一回の胃カメラは今まで通り続ける事、との事。
良かった〰🙆。


夫が入院待機していた頃私の右目に痛みが❗





元々プチっと腫れている所はあったのですが、
その脇から膿が出てきて。
あ、写真は自撮りじゃなく、鏡に写ったのを撮ったので
左のように見えますが右です。
眼科で診てもらいそこは直ぐによくなったのですが
その際、先生から「60才になり一度眼底や視野検査を
受けてみませんか?」
「緑内障が多いんですよ〰️」と勧められ
ならば時間があるからと早速検査を受けるとなんと‼️
右目に視野欠損があり緑内障の疑いがありと。
その後2回にわたり視野検査の結果
「右目正常眼圧緑内障」だってえぇ〰🙇

ハァ〰️
普段は両目でものを見ているから気づかなかったのですが
言われてみると確かに右上は暗くて見えず視野が狭まって
いるのがわかります。

今は眼圧を下げるための点眼液を使いながら月1回の
受診を。
これから一生続けなくてはいけませんが失明も起こりうる
病気、見つかって良かったです。


というわけで夫婦揃って検診で危うく難を逃れた事に。
検診の必要性を実感しました。
我が家はわんこも定期検診を受けて病気に備えています。

いつまでも元気に楽しく暮らしたいもんね🙋


緑内障




検診と健診の違い






父の忘れ物

2018.4.23
早いもので父が亡くなって1ヶ月。
父の部屋を片付けていると入院前日まで晩酌を
していたお酒がありました。
丸々1本と残りの1本は底の方に少しだけ。

毎日1合程をテレビを見ながらチビチビ飲むのが
日課でした。

私は晩酌はしませんがそれでもビールや果実酒が
ちょっとだけ呑みたい時もあります。
父の存命中はいつ電話が来ても行けるように
そういう時のお酒も控えていました。

さてこのお酒、どうしようと思っていましたが
気の向いたときにチビチビやろうと。

そうしたら昨日、夫の飲み友達という方が
「日頃お世話になっているから」と…❗





毛ガニだぁ❗



何て素敵なお友達でしょう🎵
感謝です〰🙆

こういう時、ヤッパ日本酒でしょうねぇ🙋







父にもおすそわけ。お酒もね。





何❔少ないって⁉
ホンのチョッピリ過ぎ(笑)(笑)(笑)。
ジイジ、カニ大好きだったからねえ。

さて私も。








父のお酒をいただいて。
そうか、この味が好きだったんだ。
ジイジの忘れ物、私がいただいちゃったよ(笑)。

せつなく美味しい父の味でした😢
















お父さん、さようなら

2018.3.29
3月22日、最愛の父が亡くなりました。
3月3日早朝腹痛を訴え救急車で病院へ。
6㎝の胆石があり胆嚢炎を起こしていました。
早速治療が開始されましたが翌日夕方「敗血症と
心不全を起こしている。」と。
命の危険もありうるとも。

抗生剤を変更しても熱は下がりきらず心不全も
少しずつ悪化し父の苦痛を和らげるために
鎮静剤で眠らせてもらいました。

22日、父は眠るように息を引き取りました。
91才の誕生日でした。

平成27年2月、母を亡くしてからの父は永年
住み慣れた家を処分し自ら老人施設に入居することを
決めました。
父亡き後私達残される家族が大変な思いを
しないための終活でしたがそれは本当に見事で
人生最後における生き方のお手本を私達姉妹に
示してくれた父の教えだったのだと思います。





我が家のわんこ達を愛し、可愛がってくれました。
わんこ達も父が大好きでした。
先に虹の橋を渡ったわんこ達にはもう会えたでしょうか。





好奇心旺盛な父との連絡はモバイルのラインから。
操作を覚えるために一生懸命でした。





父からの最後のラインです。
夜中に腹痛が起きてから何度も連絡を取って
くれたのですが私の方が日中、仕事中の為着信音を
OFFにしたままでいて気づかず、
最後は介護さんから自宅の電話でようやく気づきました。
後でこれを見て涙が溢れました。

ごめんね、ジイジ。













食べることが大好きでした。
食べているときの笑顔は最高だったよ。
25日、無事葬儀を終え我が家に帰ってきました。
今度は私達と同居です。
母の時と同様に49日までは仮祭壇なので祭壇の
お菓子を狙うアンポンタンわんこのために…





(笑)❗
父もきっと大笑いしているに違いありません。





母とは会えたでしょうかね。
今度は二人でずっと私達を見守ってくれることでしょう。



お父さん。
91才のお誕生日おめでとう。
せっかくのお誕生日なのに喜んでいいやら
悲しんでいいやらわかんないよ。
あなたの生き方を見て私も頑張らなきゃと思うこと、
いっぱいあるよ。
あなたの子供で良かった。
たくさんの愛情をありがとう❤








家屋解体その後

2016.12.2
実家の解体は順調に進んでいます。





翌日には…



煙突だけが横たわっていました。



父に写真を見せて報告しました。



以外と元気でした。
父は以前から終活として身の回りの
ものを片付けはじめ住む人のいなくなる
家も処分する事を決めていました。

母は存命中そんな父に「今からそんなこと
考えなくても…」…と、困惑していました。
昔気質で几帳面、何より残される
私たち姉妹に負担をかけずに自分の
代の事はちゃんと自分で始末してと
いう気持ちだったようです。
父らしい行い。

住み慣れた想い出の多い家が無くなって
しまうのは寂しいことですが
これも時代の流れと考えるしかありません。
こうやって世代交代していくんだと思います。

そうして昨日。







さあ、気持ちを切り替えて。
夫は雪が溶けたら作る畑に何を植えて
育てるか頭がイッパイのようです。



我が家のアンポンタンわんこたち。



りさも今の生活に慣れたようです。
ジイジの家に帰ると後を追わなく
なりました。

四六時中一緒にいるガスちんは
ウザイらしく家の中を2匹駆け回って
賑やかです。

さあ、一段落ついたらクリスマスの
準備しないとねえ🎵








 | ホーム |  » page top