Flashカレンダー


プロフィール

ぜぜまん

Author:ぜぜまん
りさガスママ・59歳
りさ・ビーグル 11歳
ガス・トイプードル 5歳 
夫・59歳

毎日をハッピーに過ごすために
模索中
盲導犬育成サポート きなこの会
ボランティアスタッフとしても
頑張ってます


  


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

いのち

2017.9.1
牧場のボランティアスタッフには愛犬をあにまある等で保護されたわんこを
引き取って家族にした方が多くいます。

きなこの会のチャリティーライブでも「あにまある支援隊」さんがブースを設け里親紹介やグッズ販売、保護犬、
保護猫についての情報提供や啓蒙活動を行っています。

この度牧場のボランティアスタッフから「あにまある」で
犬猫の保護件数が爆発的に多くなりパンク状態であるとの事。 


旭川市「あにまある」


「あにまある支援隊」


人と犬猫のいのちってどう違うんだろう?
違いなんかあるわけないよね。



あにまあるで保護される犬猫のほとんどがいろんな
事情で保護された子で迷い子はホンの少しであると
いう現実。

あにまあるに保護されても引き取られない場合は
「殺処分」という悲しい結果になる場合も。


里親で引き取られても戻ってくるケースもあるとのこと。


「可愛い」「可哀想」だけではいのちは守れない。


残念ながら我が家は2匹の飼育で精一杯で
これ以上のわんこを飼うことはできません。

こうして自分のブログで呼び掛けることで
一匹でも多くの犬猫が幸せに暮らせることに
繋がるように願うばかりです。


一匹でも悲しい事実を増やさないために
私が考えたこと。


旭川市は旭山動物園を通していのちの大切さを伝えて
いるのですから自治体独自の動物保護に対する
条例があってもいいと思うのです。


犬猫を飼育する場合は年(例えば)5000円の課税をする。
つまり「犬猫を飼うのなら税金がかかりますよ」
ということ。
「飼う責任と義務」が社会的に発生するわけです。
得た税金は動物に関する保護、育成に使う。


繁殖を希望する場合は市への登録を必要とする事。
また、繁殖しない場合は2才迄に不妊・去勢手術をし、
狂犬病予防接種の際、獣医師はそれをチェックする。


旭川市内で犬猫を販売・繁殖する業者に対し何らかの
決まり事を課す事。
例えば繁殖犬の登録、5回以上の出産を許可しない。
繁殖を申請しないと仔犬は販売できない。
すべての犬猫に対しマイクロチップの埋め込みを義務付ける。


自治体で行う事、
国の制度として法律があってもいいのではと思う
事もありますが
もっと厳しくしないと小さないのちは守れません。

いろんな事で世界の先端を歩む日本でありながら
こんな小さないのちも守れないなんて。

動物虐待に対しては「目には目」という法律が
あってもいいのでは…なんて過激な発想も思う
ことがあります。





私も我が家のわんこからたくさんのパワーをもらっています。


シアワセわんこ、にゃんこは一匹でも多く、
悲しいわんこ、にゃんこは一匹でもなくなるように。


さて、これをどう現実になるように行動するか。
私も何かしなきゃね。





スポンサーサイト

さようなら,2016

2016.12.29

今年ももう後2日。
今年年頭のブログを読み返してみました。

「天使のゴムパッキン」1月1日

達成状況は…

ホームページはスタッフと力を合わせ
なんとか完成しました。

9月、奥尻に渡り亡き叔父のお墓にお参りを
してきました。

11月、父の施設入所と実家の家屋解体。

達成できなかったのは「りさガスを海へ」。
なかなか時間がとれず、
それと父を一人残して遠出するのは
心配で奥尻に3泊4日したときも大変でした。
父も心細くなったのか出発前日
になってあれこれと不満をいう事態に。
これからは3泊4日は無理でも
1泊くらいはなんとかなりそう。
来年こそ行けるかなあ。

今年の私の最大の出来事は
Kさんという親友の死でした。
今も思い出さない日はありません。
何か行き詰まった時はそっと「ねえ、
どうしたらいい?」…と心に話しかけます。
こんなに寂しいなんて。
未だ夢にも出てこない。
「何やってるん?」

近頃1日の時間の過ぎるのが速くて…。
55才を過ぎた頃より
「やる気スイッチ」がなかなか入らず、
今日これをしようと決めていても
始められずもう夜…なんてことしょっちゅう。
私だけかな?
何か脳血管障害?

来年10月60才になります。
看護師としての仕事は命を預かる
仕事ですから間違いがあっては
なりません。
身体的、能力的に皆についていけなく
なったら引き際だと思っています。
神様の決めた私の限界、少しづつ考えて
いきます。

来年の目標は1日に。
今日はこれからやることイッパイ🈵
さ、頑張ろう~😵












捜しています

2016.8.12
知人のわんこが3日より行方不明になり捜しています。







【 たずね犬情報 】

尋ね犬  名前→イオン
不明月日 平成28年8月3日 16:00頃
不明場所 北海道旭川市神居7条13丁目付近
種類   パピヨン
年齢   13才 
性別   メス(避妊未)
毛色   白茶
体重   約 2.4kg(パピヨンでは小さめ)
体格   小型

飼い主が出張で留守の間、ご実家に預けている間の出来事です。

普段は『いーちゃん』と呼ばれています。

心当たりのある方、または保護した方は
至急、

旭川市動物愛護センター(0166-25-5271)か
旭川市中央警察署(0166-25-0110)
までご連絡ください!

お手数をおかけしますが拡散などの、ご協力をお願い致します。

 <旭川市動物愛護センター あにまある>
  〒070-8525 北海道旭川市7条通10丁目
  TEL 0166-25-5271
  Eーmail:douaicenter@city.asahikawa.hokkaido.jp


あらゆる手を尽くし捜していますが未だ
有力な情報がありません。
神居地区にお住まいの方、またイオンちゃんと思われる情報をお持ちの方はどんなに小さな事でもかまいません。

同じわんことともに暮らす者として
どんなに不安な毎日を過ごしていることか。
考えただけで胸が痛みます。
どうか元気で戻ってきてくれますように。









苦痛

2016.4.29
4月21日、出勤中突然おそった
左背部の痛み。
ジクジク、ジワジワ・・・。
「・・・またですか・・・」・・・。
駐車場で職場に連絡し自宅へUターン。
何とか踏ん張って帰ってきた。
2時間ほどのたうち回ってようやく
落ち着き疲れ果てて眠ってしまった。

両腎に結石を持っているのです。
もう何度苦しんだことか。
今回で10回目位かな。
今までの人生での入院は脳動脈瘤の
検査入院1回と尿管結石5回。
後何度苦しむのだろう。

夕方血尿が。
石は膀胱に落ちたと思った。
23日朝また痛みが・・・。

かかりつけの北彩都病院へ。
左尿管の上方に石が落ちずに留まっている。
あんなに苦しんだのにまだ落ちてないとガッカリ・・・。





痛み止めの点滴をしてもらいました。
石は2ミリ程度なので落ちるまで
待つしかない(泣)。
同僚には夜勤の交代・欠勤によりご迷惑・
ご心配をおかけしました。

とにかく痛まなければ石は落ちないと
思っていたのですが・・・



24日1:00、ついに排石!
4ミリ位あった(笑)。
よく頑張りました、私!

このたびの苦痛に収束!
色々とご迷惑・ご心配をおかけした皆さん、
本当にありがとうございました。

ようやく安心して仕事に向かえます(笑)。






九州の地震によせて

2016.4.16
東日本大震災から5年。
被災地への思いも新たにしていた矢先
新たに一昨日九州で起きた大地震。
被害はまだ充分分かっていませんが
津波の被害がない分死亡者数はあの時のような
数には至っていないのが何よりですが
九州全土という広範囲の影響は大きく
家屋や道路の損傷、土砂崩れなどの被害も。
絶えない余震に避難している人も多いようです。
時間の経過に連れ被害の大きさが拡大していくのでしょうか、心配です。

このたびの地震で被災した多くの方には
心よりお見舞い申し上げます。

震災によって飼い主さんとはぐれ
迷子になったわんこ、不幸にして災害に
巻き込まれたわんこが
いるのではないかと懸念しています。
わんこがいるために避難施設に入れないとか
わんこのご飯が足りないとか。
なんとかこういうわんこや飼い主さんにも支援が
届くよう願っています。


日本はいつからこんなに地震の多い国に
なったんだろう。
私の住む旭川市は災害の少ない町と
いわれていますがこの度の熊本県も同じように
災害はほとんどなかった町とのこと。
これからはどこでも災害は起こり得ると考えなくてはなりませんね。

私事ですが佐賀県に叔母夫婦が住んでいます。
家も叔父叔母も元気との返事でしたが
どちらも高齢故にこれからも体調が心配です。
ともあれ叔父叔母のようなたくさんの高齢者が
避難生活を強いられている現実。

不安を抱えた妊婦さんや子供達もいるはず。
テレビで余震におびえている報道を見ると
お気の毒でなりません。

まずは余震がおさまり新たな被害が
起きないことを祈るばかりです。

そして今ある原子力発電所の新たな事故が
起きませんように。

今自分に出来ること、改めて考える。

何もない平凡な日常がいかに幸せなことであるか。
2月に親友を亡くして以来いつも思うことです。
















 | ホーム |  » page top